今月の新商品から、美しいデザインと職人技が光る山中漆器の茶筒と酒器をご紹介します。
ろくろの町として知られる石川県の山中温泉にて1908年に我戸木工所として創業した「我戸幹男商店」によるプロダクトです。

伝統的な山中漆器の精度の高いろくろ技術とプロダクトデザイナーとのコラボレーションにて、実用性芸術性の高さを併せ持つ漆器を作り出す我戸幹男商店のアイテムは、和の美意識が感じられる美しいフォルムと天然の木目が特徴的。ひとつひとつ熟練の職人によって丁寧に作り上げられています。

極限の薄さまで削られたお猪口(TOHKA SAKE CUP)は、口当たりもとても良くお酒を美味しく味わうことができ、またシンプルでやわらかなフォルムは手によく馴染みます。

茶筒(KARMI TEA CANISTERS) には表面に「千筋」と呼ばれる無数の筋が施されていますが、これは山中独自の技術である「加飾挽き」 のひとつで、滑り止めの役割もあるそうです。この木で作られるKARMIシリーズの茶筒は密閉性も良く、お茶の風味を逃しません。蓋はすっと落ちるように非常に滑らかに開閉するのですが、これは数ヶ月かけて木地が含む水分を適切な率に調整する「轆轤引き」による丁寧な木地作りと、職人の長年にわたる経験から得られた技術と勘によって表現されています。
細長いタイプのものはダージリンなど自然発酵のお茶用、写真には写っていませんが、緑茶向けの内蓋のついたタイプのものもございます。

ぜひそれぞれお手に取ってご覧くださいませ。

 


UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ) 
東京都港区麻布台3−3−23
和朗フラット四号館7号室 
金・土・日の午後のみ開店。12時から金土は7時まで、日曜は5時までです。
お店への行き方はこちらをご覧下さい→
https://www.facebook.com/uguisuTheLittleShoppe
オンラインショップ