石川県、能登七尾の「高澤ろうそく」より、能登 輪島で採れた漆の蝋で作られた「うるしろうそく」が入荷しました。

現在、国内で作られる塗りもののうち、国内産の漆が使われているのはほんの1〜2%と言われ、残りの多くは海外産の漆で賄われているそうです。「うるしろうそく」の生産者である「高澤ろうそく」と同じく能登にある輪島は輪島塗の産地として知られています。この輪島では国内産漆を増やすために漆の植林活動を行っているそうですが、漆の木から漆をとるのには育つまでに20年程かかり、成果がでるまでにはまだ時間がかかってしまうため、木が成長するまでに必要な木の手入れなどをする間の人の手間をどうするかなどの課題がありました。

そこで「高澤ろうそく」の方々が注目したのが漆の木の実。毎年収穫することができる漆の木の実からロウを搾ってろうそくを作ることで、漆の木の保全活動に協力できるのではないか。毎年採れる漆の実を全て買うことで、木の手入れや山の手入れをする人たちをサポートすることができるのではないか、そういった考えから3年前より「うるしろうそく」の取り組みを始め、ようやく発売へと至ったということです。

「うるしろうそく」の良いところは、ゆっくりと燃えるところです。また、炎の色は他のろうそくに比べて温かみのある橙色の炎が生まれます。他の和ろうそくと同じく、もちろん職人の方々がひとつひとつ丁寧に手作りしているもので、植物性の原料のみが使われ、蝋もほとんど垂れず油煙も少ないため環境にもやさしく、そして安心してお使いいただけます。「うるしろうそく」は、小さいですが、1本で燃焼時間は約50分。うるしろうそくのみの8本入り、ろうそく4本に南部鉄の燭台付きのもの、ろうそく4本と燭台に真鍮製のあひるの火消しがセットとなったものの3種類(それぞれ日英2カ国語のリーフレット付き、箱入り)をご用意しております。贈りものにも大変おすすめです。うるしろうそくの、なんとも言えない素朴でやさしい風合いを実際にご覧いただけたらと思います。

この「うるしろうそく」があたらしく加わり、当店の和ろうそくコレクションもますます充実してまいりました。漆のほかに、櫨の実から採られた蝋でできたもの、米ぬかの蝋でできたものなど、それぞれにとても魅力のあるさまざまな和ろうそくと、それぞれのサイズにあった燭台を各種ご紹介しております。ぜひぜひ、和ろうそくの魅力をじっくりとご覧くださいませ!(ミモザと桜の描かれた絵ろうそくも再入荷いたしました)


UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ) 
東京都港区麻布台3−3−23
和朗フラット四号館7号室 
金・土・日の午後のみ開店。12時から金土は7時まで、日曜は5時までです。

お店への行き方はこちらをご覧下さい→
https://www.facebook.com/uguisuTheLittleShoppe
Instagram
オンラインショップ