米沢緞通・滝沢工房の椅子敷き

2017-12-08
米沢緞通・滝沢工房




先日ご紹介したYUIKOUBOUの装飾品に続き、東北・山形から第二弾、素敵な商品が届きました。米沢緞通の椅子敷きです。

この椅子敷き(またはチェアパッド、チェアマット)を作るのは、山形県の南にある城下町米沢市で1960年ごろに開業し、自ら絨毯用の手機織機を考案し緞通製造を始め、じゅうたんの製造からメンテナンス・クリーニングまでを手がける米沢絨毯・滝沢工房です。

緞通(だんつう)は、高密度の手織りのじゅうたんのことです。手織りなので様々な色や模様が表現でき、縦糸にウールのパイル糸をからめ、横糸とからみ糸で形成された組織構成のため、毛糸の密度が高くコシの強さが特徴です。一番したの写真でもご覧いただけるように、裏には表の図案がそのまま確認できるのが密度が高い緞通の証です。
米沢絨毯・滝沢工房は、以前は首相官邸や日生劇場などに大きな緞通を納めていたそうですが、現在は「緞通をどこまで小さくできるだろうか」という発想でものづくりに取り組んでいらっしゃるのです。

米沢市の米沢緞通・滝沢工房へお邪魔したのは、秋の気配がようやく感じられるようになった頃、滝沢社長と専務の奥様に満面の笑みで迎えていただきました。本社の建物から少し離れた場所にあるとても雰囲気のある工房には、長い年月をかけて大事に使われてきたと思われる立派な織り機があり、滝沢社長が色々とご説明くださいました。山形でご活躍されているデザイナーの吉田勝信さんにご案内いただいたのですが、この緞通の椅子敷きは吉田さんのデザインと滝沢工房さんの職人技とのコラボレーションで生まれたもの。そして今回ご紹介する2枚はUGUiSU向けに、オリジナルの配色とサイズで作っていただいた特別アイテムです。慎重に選んだ配色をお伝えし、どんな風に仕上がってくるのかドキドキしながらとても楽しみにしていたのですが、届いたのは本当にきれいで丁寧な手仕事が見て取れる立派な緞通の椅子敷き、とてもとても感動しました。緞通ならではのしっかりとした厚みがあるので、座り心地も最高です。両サイドにフリンジがありますが、これは折り込んでも、そのままでも、お好みによってお使いいただけます。
縦糸にこれだけしっかりと打ち込まれた緞通は、日本ではそうないのだそうです。通常緞通はとても高価なものですが、このサイズならではの比較的リーズナブルなお値段で手にする事ができるのも嬉しいところです。

ぜひぜひ、店頭で実物をご覧くださいませ!

 


UGUiSU the little shoppe(ウグイス・ザ・リトルショップ)
東京都港区麻布台3−3−23
和朗フラット四号館7号室
金・土・日の午後のみ開店。12時オープン。金土は7時まで、日曜は5時までです。

お店への行き方はこちらをご覧下さい→
Facebook Instagram オンラインショップ

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存